報道関係各位

2017年7月3日
株式会社リボルバー

コンテンツマーケティングを推進するためにオウンドメディアを開設したい企業や、自社のメディアのデジタルメディアを進めたい出版社などのメディア企業に、簡単にメディア開設・運営できるメディアクラウドサービス「dino」を提供している株式会社リボルバー(以下、リボルバー。本社:東京都港区 / 代表取締役CEO 小川 浩)は、dinoを活用する50以上のメディアのオーディエンスデータを活用した新サービスパブリッシャートレーディングデスク(Publisher Trading Desk(*))「dPTD(dino Publisher Trading Desk)」 を発表し、本日より正式に販売開始いたします。

画像: (*)パブリッシャートレーディングデスク 自社のオーディエンスデータを利用して主に他媒体の在庫への広告配信を行う、広告商品開発・運用代行サービス

(*)パブリッシャートレーディングデスク
自社のオーディエンスデータを利用して主に他媒体の在庫への広告配信を行う、広告商品開発・運用代行サービス

「dPTD」では、dinoを活用するメディア(媒体社)のデータに加え、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長CEO 島田雅也)が開発・提供するDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne®」 を採用することで、詳細かつ正確なユーザーセグメントを設定し、最適なコンテンツ制作や広告配信をクライアントにご提案可能です。

さらに、リボルバーではdinoを活用してコンテンツを制作するメディアとのパートナーシップにより、コンテンツ制作のプロフェッショナルとともに、「dPTD」によって解析されたターゲットユーザーの属性や趣味嗜好に基づくスポンサードコンテンツの制作と、そのブーストを一括管理できます。例えば20代で自動車に興味のあるオーディエンスに対して、好反応を獲得できそうなクリエイティブを設計し、動画などのコンテンツを制作します。そのコンテンツを、dino利用メディア上や、外部メディアに広告として配信することも可能です。

リボルバーのCEOである小川浩は以下のようにコメントしています。
「リボルバーが提供するdPTDの最大の特徴は、広告商品の設計やクリエイティブの提案までも請け負うところです。すでにナショナルクライアントからの先行受注をいただいており、特定のユーザーセグメントに対する動画広告の設計から制作、配信の手配を請負うことになっています。さらに広告の該当商品に興味のないターゲットの態度変容(関心がなかったものに関心が持ち始めるようになること)を成果としてレポートすることも可能です」


リボルバーは今後もテクノロジーに基づく新製品を開発し続け、コンテンツマーケティングを推進するためにオウンドメディアを開設したい企業や、自社のメディアのデジタルメディアを進めたい出版社などのメディア企業(パブリッシャー)を支援する、総合的なメディアクラウドサービスの提供者として成長を続けてまいります。

画像: リボルバー、パブリッシャートレーディングデスク「dPTD」の提供開始〜動画広告を軸としたスポンサードコンテンツ制作とのパッケージサービス〜

詳しくは、お問い合わせください。

■株式会社リボルバーについて
会社名:株式会社リボルバー
所在地:東京都港区新橋5-33-10 モーターマガジンビル4F
設立年月日:2012年7月
代表者:代表取締役CEO 小川 浩
事業内容:パブリッシャー支援用のメディアクラウドサービスの開発と運営
資本金:139,187,500円(2017年6月末 現在)
URL:http://revolver.co.jp(コーポレートサイト)
   http://dino.network(dinoメインサイト)

プレス問い合わせ:press@revolver.co.jp(担当:尾島)

お問い合わせ

This article is a sponsored article by
''.