PPAPといえば“ペンパイナッポーアッポーペン”。古坂大魔王プロデュース?のピコ太郎の大ヒット作ですが、最近ではこの作品に紐づけて、暗号化されたファイルをメールで送り、その後でそのパスワードをメールで別送するやり方をPPAPと呼ぶそうです。もともと秘匿性の高いファイルを送る際に安全を期して行うやり方なわけですが、実際にはコンピューターウィルスを含む悪質で危険なファイルを送りつけられるリスクが高いということで、政府や大企業がこぞって禁止に動いている状況です。
リボルバーではそもそもこのPPAP方式を全面NGにしてきましたが(というより、僕が大嫌いだから使わせないようにしてきましたが)、ようやく世間の常識が追いついたか、という気分です。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.