スター・ウォーズシリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、毀誉褒貶はありながらも大ヒットしているようですね。
42年の歴史にピリオドを打つ作品ではありますが、テレビドラマシリーズでは、ボバ・フェットを彷彿させる賞金稼ぎが活躍するスピンオフ作品『マンダロリアン』が人気を集め始めていたりと、さすが世界的レジェンドのIP(知的財産)だけに、ビジネスに聡いディズニーがほっておくはずないです。
若い人の中にはスター・ウォーズシリーズを一本も見たことがない人も多いでしょうが、このシリーズはある意味ギリシア・ローマ文明やキリスト教を知るならのと同じように欧米文化を理解するのに必要な、世界標準的教養の一つに数えられると言えるかもしれません。
実際、スター・ウォーズシリーズには、世界中で通じる至言や名言が溢れているのです。

目を閉じて軽く手を差し伸べたマスター・ヨーダの無言の呼びかけに応じるかのように、沼からXウィングが浮かび上がってきたのです!

「どうやって?!」と驚愕するルークに向けて、マスター・ヨーダはこう言い放ちます。

「do. or do not. there is no try (やるか、やらぬかだ。ためしなどいらん)」

心に常に留めておくべき言葉から学ぶこと

このマスター・ヨーダの至言「Do.or Not Do. There is no try」に、僕は二つの意味を感じとりました。

まず起業家としての生き方です。起業とは、オールイン、全てのリソースと精力を打ち込んで取り組むべき世界です。だから、やるかやらないかだけ。試しにやってみよう、なんて安易で 余力を残したやり方なんて要らないわけです。

起業家として、ベンチャーを興す者として、オールインで勝負に出るギャンブラーとして、この言葉はまさしく至言。心に常に留めておくべき言葉です。

負けたら困るから、ちょっとだけ残しておこうなんて態度じゃ勝てないんです。

次に思ったのは、指導者として自分のパダワンに対する態度に関わることです(スター・ウォーズ用語でジェダイになるための訓練生もしくは弟子のこと。一般に 1人のマスターは一回につき1人のパダワンしか取りません)

昨今の働きかた改革、ゆとり教育などの影響なのでしょうか、上司、指導者、教師などの権威が急落していることを実感されている人は多いのではないでしょうか。ルークのような(反抗的な)態度を取られてもなんにも出来ずに悔し涙を流す方も多そうです。

まあ時代が違いますから、体罰を含む厳しい規則で律することはできない相談。
権威を守るには権威に適した力を見せるほかありません。そう、マスター・ヨーダのように「やるかやらないかだ、ためしなんていらん!」を喝を入れるためにも(沼に沈んだ戦闘機を浮かび上がらせてみせるような)卓越した能力を見せつけなければならないんです。

そう、それには日々弛まず、自分を律して力をを磨き続ける努力が必要です。パダワンに厳しくするならば、自分にも厳しくしなければならないんです。

やれ、と言っても命令通りにちゃんとやらないぐーたらパダワンが増えていることに憤るならば、彼らが言い返すことができない圧倒的な力を身につけ、維持することが大事です。

Do. or Not Do. There is No Try.
命令や指示に速攻でパダワンが(正しく、余計なことをせずに)取り組むようにすれば、業務の効率も上がるでしょう、そうすれば自分も助かるし、パダワンの成長も早まるでしょう、まさにウィンウィンです。

(英文法的にはちょいとおかしなところが多いのはたまにキズですが)マスター・ヨーダたちのありがたいお言葉を、ただ流すだけでなく、真摯に受け止め、学んでいきましょう。

それが世界的コンテンツ スター・ウォーズの正しい鑑賞法のひとつなのですよ。ハイ。

画像: やるか、やらないか、だけだ。試しにやってみるなんてものはない。

小川 浩 | hiro ogawa
株式会社リボルバー ファウンダー兼CEO。
マレーシア、シンガポール、香港など東南アジアを舞台に起業後、一貫して先進的なインターネットビジネスの開発を手がけ、現在に至る。

ヴィジョナリー として『アップルとグーグル』『Web2.0Book』『仕事で使える!Facebook超入門』『ソーシャルメディアマーケティング』『ソーシャルメディア維新』(オガワカズヒロ共著)など20冊を超える著書あり。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.